Twitterはこちらサイトマップ

【基礎知識】なぜ株価チャートが重要なのか?【テクニカル分析無しは負けます】

株式投資
この記事は約5分で読めます。
しば
しば

株価チャートってなんで重要なんだ?

ファンダメンタル分析だけじゃダメなのか?

こんな疑問にお答えします。

株価チャートを見て投資判断を下す手法をテクニカル分析といい、企業価値から判断するファンダメンタル分析とは対極的な手法です。

一部投資家は「テクニカル分析なんて不要」と言っていますが、個人的には必須の分析といっても過言ではないと考えています。

というより、テクニカル分析なしだと、いつか大損害を出します。

この記事では、株価チャートの分析(テクニカル分析)がなぜ重要なのかについて解説していきます。

読み終えるころには、株価チャートが勧められるわけが分かるかと思います。

この記事の内容
  • 株価チャートがなぜ重要なのか?
  • 株価チャートのトレンドは誰が作るのか?

スポンサーリンク

結論:株価チャートは指針を示すからこそ重要

いきなり結論を書きましたが、株価チャートは投資指針を示してくれる分析であり、自分の進む道の正しさを確かめるためにめちゃくちゃ重要です。

人間誰しも間違えるもので、それは投資においても同じです。

特に個人投資家は、独自の判断材料をもって投資判断することが多く、ファンダメンタル分析を過信しがちです。

例えばですが、企業分析ではこれから上がるはずと思っていたのに、実際は株価は下がり続け、「いつか上昇する」と期待した結果、含み損を抱えた経験はありませんか?

投資をそれなりにやってきた方なら、一度は経験しているはずです。

しかし、こういった場合に株価チャートでも分析を行っていれば、自分の投資判断のミスに早いタイミングで気づき、方針を修正することができます。

そういった意味で、株価チャートは方針を示すから重要なのです。

勝てる投資家と負ける投資家を分けるものが株価チャート

少し話は逸れますが、勝てる投資家と負ける投資家の違いって、考えたことはありますか?

色々意見は出てくるかと思いますが、一つ決定的な差があるとすると「情報量の圧倒的な差」だと個人的には思います。

ある人はテレビや新聞のニュースを見て投資指していて、ある人は決算短信や有価証券報告書を日々読み込み、さらには独自に経営者にインタビューまでして投資していたとすれば、勝ちやすいのは明らかに後者ですよね。

だって、業界を取り巻く環境の変化や各企業の見通しをいち早く知ることができるわけですから。

今は個人投資家同士を比較しましたが、ここに銀行などで働くプロの投資家まで加えると、情報の格差はさらに悲惨です。

世間一般では「投資は簡単。みんなやるべき。」などと言いつつ、そこには圧倒的なまでの格差があるのです。

じゃあ、個人投資家に勝ち目はないのか?

こんな疑問が当然でますよね?

はっきり言えば、個人投資家にも勝ち目はあり、それこそが株価チャートの分析(テクニカル分析)なのです。

一部、テクニカル分析に対して批判的な方もいて、「株価チャートは過去の値動きから統計的に値動きを予想するものでしかなく、将来の株価を予想することはできない」という意見もあります。

しかし、僕はそうは思いません。

というのも、株価にはトレンドというものがあり、いったんトレンドが変わればしばらくはその傾向が維持されるといった特徴があるためです。

これだけ聞いてもあまりピンとこないかと思いますので、その訳を解説していきます。

僕自身、アベノミクス相場でも稼いでますし、低迷相場でもコンスタントに利益を出せているので、信憑性はあるかと。

株価チャートはプロの投資判断を反映する

先ほどトレンドについて話をしましたが、株価チャートのトレンドを作っているのは誰なのでしょうか?

僕はこのトレンドを作っている人物こそが、「プロ投資家」であると考えています。

例えば、現在株価が下がってきて、割安でお得な株があったとします。

プロ投資家の資金量は当然膨大なものですので、プロ投資家の買いによって、トレンドは若干上向きに転じます。

同じように「この株は得だ」と考えるプロ投資家が増えてくると、さらにトレンドは上昇傾向へとシフトしていきます。

こうして株価がある程度動いてから、個人投資家が注目し始め、上昇トレンドが形成されます。

個人投資家が気づいたころにはトレンドは終わってるのでは?

こういった声も聞こえてきそうですが、それは明確にないと言い切ってもいいかと思います。

というのも、プロ投資家の扱う資金は一度にまとめて売買できるような金額ではないからです。

株式は需要と供給とのバランスで成り立ちますが、プロ投資家が一度にまとめて買いを発注したとすれば、間違いなく売りの供給を食いつぶします。

ですので、基本的にプロ投資家は1か月とか半年とか、長期にわたって少しずつ株式を買い集めることになります。

このときプロ投資家が買い集めている間は、常に買いの需要が高まりますから、どうやっても株価は上昇していきます。

結果、長期にわたってトレンドが形成されることになるのです。

株価チャートはやっぱり重要

何度でも言いますが、株価チャートの分析は投資において必須です。

株価チャートのトレンドはプロ投資家の投資判断を反映する

これが株価チャートが重要であるとする根拠です。

株価チャートのトレンドを形成するのは、プロ投資家ですから、株価チャートに注目していればプロと同じ投資判断を下せるといっても過言ではありません。

一番のメリットは、市場の状況が荒れていても再現性をもって実行可能というところで、テクニカル分析なら客観的な売買を実施できます。

先入観で投資判断を下しがちな個人投資家にとっては、唯一無二の武器なわけです。

今回は以上になります。

素敵な投資ライフをどうぞ。

コメント

タイトルとURLをコピーしました