Twitterはこちらサイトマップ

【初心者必見】なぜ資産運用が必要なのか?理解しておくべき必要性や危険性を解説

資産運用の基礎
この記事は約9分で読めます。
しば
しば

資産運用した方がいいとは言うけど、資産運用ってそもそも何なんだ?貯金とは違うのか?

それになんで資産運用すべきなんだ??

この記事では、こんな疑問にお答えします。

最近、やたらと推奨されるようになった資産運用。

一昔前は株式投資とかをやろうものなら、「変人」「お金に汚い」レッテルを貼られたものですが、今や政府が推奨するぐらいのものになりました。

しかし、本当に資産運用って必要なのかということを考えたことはありますか?

そもそも、なんで資産運用を政府が推奨してるのか考えたことがありますか?

もし、「そんなこと考えたことないよ」という場合は、ぜひこの記事を読み進めてください。

資産運用の基本、大前提を解説していきます。

記事の内容
  • 資産運用とは?
  • 資産運用の必要性
  • 資産運用の危険性

スポンサーリンク

資産運用 = 「貯蓄」と「投資」

資産運用と聞くと、投資をイメージする方が多いのですが、実は資産運用は「貯蓄」と「投資」の両方を指します。

貯蓄はいわゆる、銀行預金とかタンス貯金とか。

投資は、株とか投資信託とかFXとかですね。

では、この2つの大きな違いは何でしょうか?

貯蓄は資産保護が目的

貯蓄は、資産保護を目的とした資産運用です。

基本的に、お金が減らないように銀行とかタンスに保管しておくスタイルですね。

ユウシオ
ユウシオ

ドラクエで言えば「いのちをだいじに」だね。

簡単にまとめると以下のような特徴を持つ資産運用です。

MEMO
  • 資産保護が目的
  • 銀行預金など元本割れしない運用が該当

投資は資産を増やすことが目的

一方、投資は資産を増やすことを目的とした資産運用です。

メジャーな投資方法としては以下のようなものがあります。

  • 株式投資
  • 投資信託
  • FX

どれも多少のリスクを負って、資産を増やしていく運用を行う点で、「貯蓄」とは異なります。

ユウシオ
ユウシオ

ドラクエで言えば「ガンガンいこうぜ」だね。

簡単にまとめると以下のような特徴を持つ資産運用です。

MEMO
  • 資産を増やすことが目的
  • 株式投資やFXなどマイナスもあり得る運用が該当

資産運用の必要性

詳細は別記事で解説しますが、個人的に「資産運用をしなければいけない理由」はざっくり以下の2点です。

  • 老後資金の確保のため
  • インフレについていくため

もう少し深堀りしていきますね。

老後資金の確保のため

ちょっと前の話ですが、「老後2000万円問題」なんか問題になったのを覚えていますか?

金融庁が公式に「老後は2000万円不足する」という報告書をまとめたニュースです。

参照:日本経済新聞

たぶん、結構多くの方が漠然とした不安を感じたのではないかなと思います。

「このまま生活して、老後は安全に迎えられるのだろうか……?」

「本当に2000万円で足りるのかな……?」

他にも年金の受給年齢が60歳から65歳に引き上げられるなど、老後のお金の話は様々な不安要素を持ち合わせています。

そんな不安な老後を安心して迎えるには、結局のところ「自分で何とかする」しかありません。

そのために必要なのが、資産運用なのです。

ただし、理解しておいてほしいのが、ここでの資産運用は「貯蓄」ではなく「投資」です。

というのも、貯蓄だけでは老後2000万円問題は解決できないから。

ここで少し具体的に考えてみましょう。

以下は各年収の人が、どれぐらいの割合で存在するのかをまとめた表です。

年収全体男性女性
300万円以下21.0%13.6%36.9%
400万円以下22.7%20.2%28.2%
500万円以下19.4%20.4%17.1%
600万円以下13.0%14.9%8.8%
700万円以下8.3%10.2%4.2%
800万円以下5.5%7.0%2.2%
900万円以下3.6%4.7%1.1%
1,000万円以下2.3%3.2%0.5%
1000万円以上4.3%5.8%1.0%
参照:国税庁「民間給与実態統計調査(平成28年)」

見てもらうと明らかですが、400~500万ぐらいの年収の人が多いことが分かります。

仮に年収450万ぐらいの人を想定すると、以下のような給与明細かと思います。

支給金額控除金額
基本給260,000円健康保険11,000円
時間外手当25,000円厚生年金21,000円
雇用保険1,000円
所得税6,000円
住民税15,000円
総支給額285,000円控除額合計54,000円
月給手取り231,000円
※ボーナス:100万円(年間)

手取り23万円だとそこそこあるように感じるかもしれませんが、果たしてそうでしょうか?

たとえばですが、20歳から60歳まで40年働いたとすれば、毎年50万円貯め続ければ、老後用に2000万円の貯金が可能です。

ひと月当たり4万円ちょい(手取りの2割)ですね。

貯金したことがある人なら分かるかと思いますが、手取りに対して2割貯金しようとするとかなり意識的に貯金しなけば無理です。

実際問題、60歳までに2000万貯蓄できる人は少なくて、年代別の平均貯金額は以下のようになっています。

驚いたことに、60歳になっても1300万円ぐらいが普通なのです。(平均値なので実態より多めに出てるはずで、実態はもっと少ない人が多いです。たぶん中央値は1000万円ぐらい)

年代平均貯蓄金額
29歳以下154万8千円
30~39歳404万1千円
40~49歳652万7千円
50~59歳1,051万2千円
60~69歳1,339万4千円
70歳以上1,263万5千円
参照:国民生活基礎調査[各種世帯の所得等の状況](厚生労働省)

これでわかったかと思いますが、適当に貯蓄しても老後までに2000万円貯めきることは厳しいです。

そこで、重要になってくるのが「投資」なわけです。

投資であれば、資産を増やしていくことが可能なので、老後2000万円も射程圏内になってきます。

ユウシオ
ユウシオ

ちなみに投資をしておけば、貯蓄しなくてもいいというわけではないからね。貯蓄×投資で加速させることが重要なんだ!

あとは、貯蓄だけでは老後資金が貯めきれない可能性があることは覚えておこう。

インフレについていくため

資産運用をしなければいけないもう一つの理由は、「インフレについていくため」です。

インフレというのは、「物価が高くなる=お金の価値が下がる」ことを指します。

より具体的には、前まで1000円だったものが、インフレ(物価上昇)が続くと1200円とかになります。つまり、1000円払っても前と同じものが買えないので、実質的にお金の価値が下がっているというわけです。

察しのいい方はわかったかもしれませんが、銀行預金やタンス貯金みたいな「貯蓄」はこのインフレのために実質的にマイナスになっている可能性が高いです。

どういうことかというと、銀行にお金を預けてもほとんど増えないわけじゃないですか?

その状況で物価ばかりが上昇したらどうなると思いますか?

今は300万円で買える車が、40年後には1000万円かかるようになってたら?

今は食費4万円で済んでるけど、全体的に高くなって毎月10万円かかるようになってたら?

つまり、銀行預金の利率をインフレが上回れば、預けてるのに実質的に目減りしている状態なのです。このインフレについていくには、インフレよりも早くお金を増やすしかないのです。

そこで、重要になってくるのが「投資」なわけです。

投資の場合は、銀行よりも高いリターンを期待できるのでインフレについていくのも十分に可能です。

ユウシオ
ユウシオ

上で挙げた例はかなり極端だけど、貯蓄が必ずしも安全ではないことは理解しておこう。ちなみにこういう危険性を、「インフレリスク」というよ。

資産運用の危険性

ここまで資産運用の必要性を解説してきましたが、資産運用には危険性もあることは理解しておきましょう。

主な危険性は以下の2つです。

  • むしろ資産が減る危険性
  • 運用に時間を取られる危険性

むしろ資産が減る危険性

「投資」における危険性ですが、元の投資額よりも資産が減ってしまう可能性があります。

このように元のお金より資産が減ることを「元本割れ」と呼びます。

貯蓄では元本割れは発生しませんが、投資においてはこの元本割れによって、結果的に損をしてしまう可能性があることは理解しておきましょう。

運用に時間を取られる危険性

時間を取られることを危険性と捉えない人も多いですが、個人的には十分な危険性だと思っています。

というのも、時間があれば投資以外の方法で稼いだりするのも選択肢として出てくるからです。

例えばですが、資産運用にめちゃくちゃ時間かけて数十円しか儲からなかったら意味がないですよね?それならバイトでもする方がよっぽどマシです。

資産運用も勉強時間や情報のチェック、確定申告や売買発注などそれなりに時間がかかったりするわけですが、”かけた時間”と”リターン”が釣り合わなければ意味はないのです。

ですので、資産運用に時間を取られることも危険性であると認識して、しっかり対策を立てていきましょう。

どうやって資産運用するのが正解か?

では、どうやって資産運用するのが正解なのでしょうか?

上で挙げたように、資産運用にはメリットもあればデメリットもあります。ただ、当然ですが、極力デメリットが無いように運用したいですよね?

答えから言ってしまうと、どのような資産運用を行うべきかは、あなたの目指している最終資産金額やそれを達成する期間、今持ってる資金やどこまでリスクを許容できるかによって大きく変わるため、一概にこれが正解とは言えません。

だって、10万円を半年で100万円にしたい人と、500万円を10年かけて800万円にしたい人では話が変わってきます。

ですので、自分の状況と合わせて投資商品は選択しましょう。

そのためにはどのような投資商品があって、それぞれがどんな特性を持っているのかを理解しておく必要があります。

沢山ある投資商品がどんな特性を持っているのかは、下の記事で解説しているので、詳しく知りたい方はどうぞ。初心向けの投資がどれかも解説してます。

>>12種類の投資についてわかりやすく解説【初心者にオススメの商品は4つ】

なぜ資産運用が必要なのか?:まとめ

今回は、資産運用が必要な理由について解説していきました。

結論としては、以下の理由から。

  • 老後資金の確保のため
  • インフレについていくため

結局、生きていくためにはお金は必要なんですよね。

そして、資産運用をするなら、貯蓄と投資を両方するのがオススメです。加速度的に資産を増やすことができます。

なお、投資の種類はたくさんあるので、自分に合った商品を選んでみてください。困ったら『12種類の投資についてわかりやすく解説【初心者にオススメの商品は4つ】』を見てもらえれば、選べるかと思います。

では、今回は以上です。お疲れさまでした。

コメント

タイトルとURLをコピーしました