Twitterはこちらサイトマップ

ミニ株とは?特徴とメリットやデメリットを解説【好きな株を少額資金で買える】

株式投資
この記事は約6分で読めます。
しば
しば

せっかくいい銘柄を見つけたんだが、株価が高すぎて資金が足りない……

こんな課題を解決いたします。

少額取引で株式投資を行おうとすると必ず直面するのが、「資金が足りなくて欲しい銘柄が購入できない」という問題です。

頑張って分析していい銘柄を見つけても、買えないのでは意味がなくてあきらめてしまう経験をした方は多いかと思います。

しかし、あきらめるのはちょっと待ってください。

実は資金が少なくても、ミニ株制度を利用すれば高額で取引されている株でも買うことができる場合があります。

そこでこの記事では、「ミニ株ってなに?」「ミニ株制度ってどういうことができるの?」を解説していきます。

ミニ株をこれから始める方や知らなかった方は、この機会にミニ株制度を理解しましょう。

スポンサーリンク

ミニ株ってなに?

一言で言うと、ミニ株とは「単元株未満で株を買うことができる制度」のことです。

今の日本の株式市場では、単元株制度というものがあり、最低売買単位が100株という風に定められています。

ユウシオ
ユウシオ

だから、1株1,000円の銘柄を買おうとすると、最低でも10万円の資金が必要になるね!

しば
しば

じゃあ、 1株10,000円の銘柄だと、100万円もかかるのか……

いくら欲しい銘柄でも、そんな高いの買えない……

資金が潤沢にある専業投資家とかならば100万ぐらいさらっと払えるかもしれませんが、少額で株式投資をしている・したい人には株価の高い銘柄を購入するのはちょっと厳しいです。

ユウシオ
ユウシオ

そんな少額投資をしたい人にオススメなのが「ミニ株」だよ!

ミニ株は、通常は100株単位でしか買えない株を、100株以下の単位でも購入できるようにした制度のことを指します。

単元株との違いはセット売りかどうかだと思っておけばいいです。

ただし、ミニ株は証券会社独自の制度であるため、制度を設けていない証券会社もあるので注意が必要です。

ユウシオ
ユウシオ

僕も最初に開設した証券会社ではミニ株制度を扱っていなくて、追加で別の証券会社の口座を開設したよ。

では、みなさんご存じの任天堂<7974> を例に考えてみましょう。

任天堂の2019年7月26日の終値は40,220円でした。

これを単元株で買おうとすると、なんと402万2,000円が必要になります。

しば
しば

400万も払えるわけがない……

しかし、ミニ株制度を利用すれば10株単位や証券会社によっては1株単位から購入できます。

任天堂であれば、10株を購入する場合は40万2,200円、1株なら4万220円あれば買えちゃうわけです。

しば
しば

50万以下なら何とか買えそうだな。

このように、ミニ株制度を利用すれば、本来多額の購入資金が必要な銘柄でも少ない資金で買うことができるのです。

ミニ株のメリット

ミニ株のメリットは主に以下の5つです。

  • 少ない資金で投資ができる
  • ローリスクである
  • 分散投資ができる
  • 経験を積むことができる
  • 株主優待を受けられる

では、それぞれについて詳細を見ていきましょう。

少ない資金で投資ができる

ミニ株の一番のメリットは、少ない資金で株式投資ができることです。

単元株では高額で買い付けられない優良企業の株式でも、ミニ株なら買うことが出来ます。

投資へのハードルを下げ、誰でも有名企業の株を買えるようにしたのがミニ株なのです。

ユウシオ
ユウシオ

上で例に挙げた任天堂なんて、値段が高すぎて単元株じゃなかなか買えないよね。

でもミニ株ならお手軽に買えるんだ!

ローリスクである

初めて株式投資をはじめる方にミニ株がおススメな理由として、ローリスクであることも挙げられます。

少ない資金で運用するので、損失が出ても大きな金額まで膨らむことはありません。

基本的に投資額が増えるとリスクも大きくなるので、通常の1/10の投資であれば、リスクも1/10です。

ユウシオ
ユウシオ

投資に慣れるまではミニ株で練習なんて使い方もアリだよ!

分散投資ができる

銘柄ごとの投資額が小さいので、少ない金額でも分散投資ができます。

通常、株式投資に回すことが出来る資金が少ない場合、分散投資をするのはとても難しいですが、ミニ株を利用すれば少ない資金の場合でも、分散投資をしたりポートフォリオを組むことも可能です。

ユウシオ
ユウシオ

分散投資は投資の基本中の基本だから、ミニ株をやるなら身に着けておきたいスキルだね!

経験値を積むことができる

ミニ株は投資額こそ小さいものの、使うチャートや情報は通常の株式投資と同じものです。

ミニ株で相場感をつかんでから、通常の株式投資に移ることで投資リスクを減らすことができます。

ユウシオ
ユウシオ

僕は最初の3か月ほどミニ株で運用練習してから、単元株での投資に移ったよ。

売買ツールの使い方とかは基本同じだから、投資額増やせるようになったらサクッと切り替えちゃおう!

株主優待を受けられる

銘柄や保有株数にも寄りますが、ミニ株でも株主優待を受けることが出来ます。

ただ、株主優待は保有株数がある程度必要なことが多いので、あまり期待はしないようにしましょう。

ユウシオ
ユウシオ

株主優待はもらえたらラッキーぐらいに思っておこうね!

ありがちなのは株主優待につられていっぱい投資しちゃうことだけど、株主優待はあくまでも”オマケ”だから注意だよ!

ミニ株のデメリット

ここまで良いトコばかり語ってきましたが、ミニ株にもデメリットはあります。

  • 取り扱い企業が少ない
  • 手数料が高い
  • 指値注文ができない

それぞれについて、詳細を見ていきましょう。

取り扱い企業が少ない

1つ目のミニ株のデメリットは、ミニ株を扱っている企業が少ないということです。

しば
しば

少なくてもいい企業はあるから、そこから選べばいいだけじゃないのか?

ユウシオ
ユウシオ

そこを割り切れる人なら大丈夫なんだけど、投資を続けていくとやっぱり物足りなさを感じるんだよね……

ミニ株を扱う企業は徐々に増えてはいるのですが、それでもまだまだ有名企業しか扱っていないというのが事実です。

これから伸びそうな銘柄を見つけたとしても、ミニ株では取り扱っていないことも多いわけです。

手数料が高い

正確には手数料が”割合”高いかもしれません。

ミニ株は投資額が低くなるので、相対的に投資額に対する手数料が高くなってしまいます。

結果的に、手数料で利益が相殺されるなんてことも十分にあり得ます。

できるだけ少額取引の手数料が安い証券会社を選びましょう。無料の証券会社もありますよ。

指値注文ができない

指値注文が出来ないこともミニ株のデメリットに挙げられます。

指値注文は注文方法の1つで、注文時に希望の金額を指定しておいて、希望の金額に価格が達成したら約定するという株価優先の注文方法になります。

簡単にいうと予約注文のようなものなのですが、ミニ株では指値注文ができません。

そのため、ミニ株では「注文するときの金額で約定してしまう成行注文」となります。

取引株数も少ないので、多少高い価格で買うことになっても大きな損失にはなりませんが、注意は必要です。

まとめ

今回はミニ株について解説しました。

ミニ株を上手く活用すれば、少ない資金でも株式投資を始めることができます。メリットも以下のように盛沢山なので、おすすめですよ。

  • 少ない資金で投資ができる
  • ローリスクである
  • 分散投資ができる
  • 経験を積むことができる
  • 株主優待を受けられる

コメント

タイトルとURLをコピーしました